かなり買いやすくなっている中古戸建て

最近の某中古戸建て住宅レポートによると、首都圏の中古戸建て成約価格は約3000万円となっており、マンションよりも価格の下落が目立っています。

戸建てを希望する人の多くは更地を望むことが、下落幅が大きい理由だと言われています。いずれにしてもひと昔に比べて買いやすくなっていることは事実です。

中古戸建ての一番大きな利点は、マンションに比べて手を加えられる範囲が広いことです。建て替えは勿論のこと、改築や増築や間取りの変更などの自由度は非常に大きくなっています。最近は老後に使わなくなった部屋を庭にしたりする減築を選ぶ人も増えています。マンション以上に新築へのこだわりが大きい市場なので、総じて割安感があることも魅力と言えるでしょう。

そんな中古戸建てですが、購入を検討する際はマンション以上にしっかりチェックすることが必要不可欠です。接道状況は勿論のこと、ガス管や水道管の位置及びその廊下具合、敷地の境界線がはっきり分かるかどうかなど、確認事項は多岐に渡ります。最近は建物調査を専門とする業者も増えているので、それを活かすことも有効です。

戸建ての価値は築年数よりも、基礎などの構造やメンテナンス頻度などで差が出ますから、築年数だけに固執することなく、自分のニーズと合致した住宅を探すことをおすすめします。

カテゴリー: 中古物件 パーマリンク