子供の友達作りの土台はある程度親が作りました

子供が大きくなるにつれて、学校、近所などで友達を作るようになる時期が来た頃、学校が公立小学校ではなかったため、あまり近所にはお友達がいませんでした。

児童館などに行っても、あまり知っている顔がないため、自分から児童館などで遊ぶことはありませんでしたが、これでは、学校以外に友達ができないと思い、近所で習い事をすることで、近所にはお友達が少しずつ出来てきました。

今の学校は将来を見据えて受験して入ったところなため、同じような考えの親がとても多く、子供たちもそれなりに皆同じように受験戦争で勝ち抜いてきたきた子達なので、息子にも、一生お付き合いができる友人を見つけてもらえればという願いを込めて、友達作りの土台作りを親としてレールを敷きました。

自分自身が小学校からの旧友と30年、40年経った今でも公私にてお世話になっているので、そう言った素敵な友人たちに幼い頃から出会うことは、とても大事なことだと思っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク