建売り住宅で重要なのは窓の位置!?

建売住宅の見学でチェックしたいポイントと言えば、隣りの住宅との距離ですね。
いや、厳密に言えば、隣りの住宅との距離というよりも「隣りの住宅の窓の位置」でしょうか。
見学会の時は、間取りや収納といったように、家の中でのことばかりに気を取られがちですけれど、
実際に生活がスタートしたらもっとも気になるのは、家の窓だったりしますから。

いや、もっと正確に言うのならば、「隣りの家の窓(の中)が見える自分ちの窓」だと言えるでしょうか。
つまり、自分の家の窓から隣りの家の窓が見えることで、生活に息苦しさを感じることが多いということなのです。

だって、自分の家の窓から相手の家の部屋の中が見えるということは、その逆も同じことなのですからね。
だから「窓の位置」は何気ないことに思うかも知れませんが、かなり重要なものなのです。
とくに建売り住宅の場合ですと、当然あらかじめ窓の位置が決まっていますからね。
注文住宅のように、近所の住宅の窓の位置を考慮して、窓の位置を決めることはできませんので。
ですからぬかりなくチェックしておきましょう。