子供のためになると確信していること

私は小学生の頃に家事を覚えました。私の両親が自営業で家に長くいなかったためです。必要に迫られて小学校低学年の頃から家事をするようになりました。

初めは母がいろいろやりながら家事を教えてくれましたが、そのうち母の横で料理を作るようになったり掃除を母の真似をしてするようになり、洗濯機も使えるようになりました。洗濯機はその当時二層式で今のように簡単に使えるモノではなかったのでしっかり覚えました。

お風呂はガスを調節して湧かしていたのでこれも簡単にはできず、母からいろいろ教わり次第に一人でお風呂を沸かせるようになりました。昔は今のように便利な道具が少なかったので覚えるまでに時間がかかりましたが、大人になってからこの経験のすべてが役立っています。

今は自分の子供にいろいろ教えています。掃除・料理・洗濯すべて私がやっているところを近くで見せて覚えさせています。徐々に覚えればいいですし、これを覚えることが子供のためになると確信しています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク