犬を飼って優しい子になってくれました

初めての子育ては何もかもがわからない事ばかりだったのです。私は息子には、心優しい子になってほしいと思っていました。それだけだったのです。そのためにペットを飼う事にしました。

知り合いの家で生まれた子犬をもらって、息子に世話をさせました。息子もとても喜んで育てていました。小さくてまだ子犬なのです。育てるのは誰にだって難しい事でもあって、とても責任感がないとできない事でもあるのです。

犬を飼う事は責任があります。散歩をしてごはんをあげないといけません。ちゃんと人間がしないといけないのです。それを息子にさせる事で、優しさと責任感を持った子になってくれると思いました。毎日散歩にも行ってくれました。そして欠かさずごはんをあげて、育てたのです。だからすくすく愛犬は大きくなったのです。

息子が今誰にでも優しくて、責任感があるのはそんな体験があるからでしょう。自分に与えられたことを、しっかりとする事はしつけには最大の事だと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク