子供にゲームを禁止するか?どうかのしつけ

小学校にあがると特に男の子の親の悩みがTVゲームや携帯ゲームを一日どれくらいさせるか、という話をよく聞きます。1日30分とか、そもそもゲーム機自体持たせていないという話も。果たしてどれが正解なのでしょう。そのご家庭によって判断は親に委ねられますが、自分自身の子供の頃を思い出すとまさにファミリーコンピューター全盛期でどの家庭もゲーム機があり、女の子までもが夢中でゲームをしていました。我が家も例外ではなく一日何分どころか1~2時間はしていた日もありました。しかしゲームだけではなく習い事や外遊びなどまんべんなく遊んでいた記憶があります。その遊びの中の選択肢として「ゲーム」がありました。もし自分が小さい頃にゲームを禁止されていたら…と考えると、ゲームの楽しみを知らないまま大人になってストレスの解消法も休日の楽しみ方も減り損な人生かもなぁ、というのが正直な印象です。ゲーム漬けでゲーム中心の生活になるのは避けたいのですが、遊びの中の選択肢としてのゲームならやらせるべきでしょう。ただ時間の制限はやはり必要かと思います。垂れ流しでゲームをやりっぱなしは悪影響を及ぼしますが、楽しくゲームが出来て親もストレスの感じないプレイ時間を親子で相談して決めてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 子育て パーマリンク